日本人同士で結婚・アメリカでの婚姻手続きについて

こんにちは。Hanaです。

私はアメリカ永住権保持者の日本人と結婚し、現在はカリフォルニアに住んでいます。

婚姻手続きは、アメリカの在日本領事館にて行いました。

日本人同士の結婚なので婚姻届は日本の役所に提出するしかないと思っていましたが、しばらく日本に帰国する予定のない彼と、同じく当時は海外生活を送っていた私にとっては、アメリカにいながら婚姻届を出せるということは嬉しい驚きでした(^^)

日本の役所に婚姻届を出す場合と、アメリカの在日本領事館に婚姻届を提出する場合の違いを以下のポイントで比較してみました。

  • 必要書類
  • 戸籍反映までの時間
  • 入籍日について
  • 注意点

どちらがお二人の都合にマッチするのか検討の際の参考になればと思います。

必要な書類

日本の役所に提出する場合

・婚姻届

・本籍地以外で提出する場合は戸籍謄本/戸籍妙本

在日本領事館に提出する場合

・日本から取り寄せた両者の戸籍謄本(発行から3ヶ月以内)各2枚

・居住国の日本領事館から取り寄せた婚姻届け2枚

(婚姻届内に証人の署名欄があり、2名分が必要。外国人でも可)

・パスポート

各領事館によって内容や必要枚数が変わりますのでHPをご確認ください。

必要書類は当然ながら日本領事館に提出するものの方が多いですが、内容はあまり変わりませんね。

2枚以上必要になる理由は、この書類は日本領事館から外務省に一旦送られ、それから本籍のある役所に送られるためです。

郵送で日本に書類が渡るうえ、外務省に送られた後に役所に届くので、新しい戸籍が実際に反映されるまで時間がかかります。

戸籍反映までの期間

日本の役所で婚姻届を提出した場合

約1週間~10日

在日本領事館に婚姻届を提出した場合

約20日~1ヶ月半

私は移民ビザ申請のためにすぐに新しい戸籍謄本が必要だったので、早く反映されないかとヤキモキしていました。

反映されたかどうかの連絡は来ないので、自分で役所に電話をし確認するしかありませんでした。

初めから代理人(家族にお願いして)を立てて日本の役所に提出すれば良かったのですが、先々のことまで考えず、

「せっかくだからアメリカで婚姻届を出そう!」というノリも半分^^;

結局、反映されたのは領事館に提出してから1ヵ月後でした。

入籍日はいつになる?

気になるのは入籍日がいつになるのかですよね。

日本の役所に提出した場合

婚姻届に不備がなければ、届けて受け取ってもらえた日が入籍日となります。

ほとんどの役所で365日24時間受け付けているので日にちだけでなく時間も自由です。

在日本領事館に提出する場合

これは2つパターンがあります。

日本と同じ形式で申請する場合は、在日本領事館に届け、受け取ってもらった日が入籍日となり、日本で婚姻届を提出する場合と同様です。

居住国から日本の役所に届けられ受理された日ではないので安心してください。

しかし、もし外国式で婚姻済みで、日本側にも婚姻したことを届け出る場合は、外国の公的機関で婚姻した日が入籍日として登録されます。

どちらにしても、自分達で入籍日を決めることが出来ます。

また、在日本領事館では郵送での婚姻届の提出を受け付けているところもあるようです。

その場合は婚姻届が到着し、不備が無いことを確認後受理された日が入籍日になります。

領事館によっては予約が必要なところもあるようですし、日本の祝日は領事館も休館なので、記念日を決める際に考慮するといいと思います。

私たちは2人で領事館を訪れて提出しました。

手続き自体はとてもスムーズで滞りなく受理されホッとしました。

注意点

婚姻後戸籍謄本がすぐに必要な場合は、代理人をたてるか家族にお願いして、日本で提出してもらうという方法もあります。

移民ビザの申請などを控えている方は戸籍謄本とその翻訳が必要なので、書類の提出まで余裕があるのかどうかも視野に入れられるといいと思います。

また、訂正箇所や不備があると受理されず二度手間、三度手間になることもあります。

書き方の例を参考に慎重に記入するとともに、不明なところは空欄のまま残しておき、

届け出当日に窓口で確認すると安心ですd(>v・ )

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする