SAL便 日本からの荷物がたった380円だった!小型包装物の送り方

先日、日本にいる家族にちょっとした荷物を送ってもらいました。

内容は、

  • ペチコート(スカートの下に身につけるもの)
  • ルイボスティー
  • ほうじ茶
  • カートリッジ
  • 消せるペンの替え芯

これだけだったので、小さな紙袋に詰められて届きました。

小包をみると380円のシールが!

2週間かかったとはいえ、安い~^^

SAL便とは

日本郵便の国際郵便サービスの一つです。

日本国内と到着国内では船便として扱い、両国間は航空輸送するので、船便より速く、航空便より安いサービスです。

EMS(国際スピード郵便)が2~4日で届けられるのに対して、SAL便は2週間くらいかかります。

しかし、料金が断然安いのです。

小型包装物扱いだとさらに安い

小型包装物とは、最大2KGまでの小さな小包です。

郵便局で用意されている海外発送ラベルは利用できませんので、小包に直接住所を記載します。

小包の大きさは、長さ+幅+厚さ=90cmで、長さの最大は60cmと決まっています。

発送の準備ができたら、郵便局にてもらえる税関通知書と内容品のインボイスを記入し貼り付ければOK

注意点としては、

手紙やはがきなどと同じ扱いで送られるものなので追跡や記録はできません。

貴重品は送れません。

時間は要しても、安く送りたいならSAL便の小型包装物

2KGまでなら、この送り方が最安だと思います。

国内で定形外を送るのとほぼ同じ要領なので、家族にもお願いしやすいですね。

内容の詳細に関しては英語で記入する必要があるので、英語を伝えておくと混乱がないと思います。

北米に送る場合の料金表です。

100gまで 180円
200gまで 280円
300gまで 380円
400gまで 480円
500gまで 580円
600gまで 680円
700gまで 780円
800gまで 880円
900gまで 980円
1,000gまで 1,080円

2kgの値段は2,080円です。

他の国際郵便との価格を比較

今回の私の荷物は300g以下だったので380円でした。

郵便局で発送してもらってから15日で届きました。

同じ重さ(300g)で他の国際郵便サービスで送った場合の料金を比較すると、

EMS・・・2000円  4日

航空便・・・600円 6日

船便・・・480円 2~3ヶ月

SAL便・・・380円 2週間

なぜか2ヶ月以上かかる船便の方が高い!

軽いものなら、これからどんどん送ってもらおうかなーと思います^^

内容品申告について追記

化粧品を送ろうとしたときの記事にも書いたのですが、荷物の内容は化粧品以外でも正確かつ詳細に記入する必要があります。

今回、ペンの替え芯を送ってもらったのですが、

替え芯=Pen refillsとだけ書いていたら、郵便局員の方に、油性でしたら送れないので確認してくださいと言われたそうです。

調べたら水性だったので、替え芯=Pen refills (water-based)と書き加えました。

送る前に内容の詳細が記入できる準備をお忘れなく^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする