アメリカ 引越しの荷物を減らすためにやった3つのこと

こんにちは、Hanaです。

アメリカに引っ越す荷物をまとめるとき、私は予想以上の荷物を前にフリーズしていました。

早々に、『全てを持っていくのは無理!』と悟ったので、そこから頭を切り替えました。

どうやったら荷物が減るかを考え、行動し、最終的に大きなスーツケース4個にまとめることができました。

引越しするとなったら、自分の持ち物全てを移動させることになるので大変です。

できるだけ荷物を減らし、身軽であることに越したことはありません。

私が引っ越し前に荷物を減らすためにやったことを3つ、ご紹介します♪

メルカリに不用品やアメリカで調達できるものを出品

メルカリなどのフリマアプリはかなり広まっているので使ったことがある人がほとんどではないでしょうか?

スマホで簡単に出品でき、自分にとっては要らないものが、他人には必要とされお金に変わるなんて画期的なサービスですよね!わたしももちろん活用しています。

さて、引越しの荷造りの前に、まずは持っているものを、絶対必要・あると便利・不要 この3つに分けてみました。

そして、不要なものは捨てるか売れそうなものはメルカリで販売。

次に、あると便利の中には、アメリカで手に入るものもあります。

ここは、もったいないではなく、一旦お金に換えておいてそのお金をアメリカで使うという考え方を採用してみました。

私は、調理器具や食器、スニーカー、タオルなどアメリカで買える物をメルカリで販売しました。

全部売れたわけではありませんが、値段を下げることでほぼ完売することが出来ました。

電子書籍になっている本は全て手放す

荷物の中で一番重く、かさ張るのが本です。

学生の方など本は必要だと思いますが、参考書はいいとしてその他電子書籍化されているものは持ち運び便利なデバイスに入れておくのはどうですか?

インターネットで何でも調べられる時代なので、本に書いてあるものでもネットに載っています。

私も本を選別するのに苦労しました。かなり手放しましたが今は電子書籍でほとんどの本が読めるので本当に便利ですよね!

電子書籍化されていない本数冊以外はメルカリに出品し持っていく本を減らしました。

気候やライフスタイルを考え靴と洋服を厳選

女性なら、一番量が多いのは衣類ではないでしょうか?

私の場合、服もそうですが靴もたくさんあって、とてもじゃないですが全てを持っていくことはできませんでした。

そこで、どれを持っていき、どれを置いていくかの選択をする時、

アメリカという土地に合わない服

リラックス・カジュアルな雰囲気ではない服 

は持って行かないことにしました。

例えば、カリフォルニアでの生活を考えたとき、ピンヒールはいらないなと思いました。

ちょっとファンシーなレストランに行くときには必要かもしれませんが、普段はくエナメルのローヒール靴でもまかなえると考えました。

また、気候にも合わせて、夏でも日本のように暑くならないと分かっていたのでノースリーブやショートパンツは着ることがないと判断しました。

このような感じで、気候や土地の雰囲気、ライフスタイルを考え持って行く服と靴を厳選しました。

引越しを終えて

引越しが終わり全ての荷物を出してみて、必要なものを厳選できた自分に満足しています。

これ要らなかったなと思うのは、レターセット(笑

中途半端にたまっていたレターセットがたくさんあって、メルカリにも出せないし荷物に入っていたのですが、たぶん書かない・・

引越しは断捨離とやることは同じですね。

想像力を働かせるので結構大変ですが、物との付き合いを見直すいい機会になりました。

アメリカでも不用意にものを増やさないように気をつけたいと思います!

(またいつか日本に帰る引越しをするのかと考えたらちょっとぞっとします^^;)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする