アメリカ渡航検診を受けたときの話 神戸のクリニックに行きました。

こんにちは!

今回はアメリカに移住する前に日本で渡航検診を受けた時の体験を書きます。

移民ビザ申請のプロセスの中で最終ステップとなる面接

その面接の前に指定されている医療機関で渡航検診を受けておかなくてはいけませんでした。

東京に二つ、沖縄に一つ、神戸に一つアメリカビザ検診を受けられる医療機関がありました。

(以前は大阪にあったみたいですが、変わっていました。)

渡航検診は面接日の連絡をもらってから受けます。

さて、指定の医療機関が居住地の近くにあればいいのですが私は地方に住んでいたため、ちょっとしたお出かけになります。

交通費もかかるのでベストの選択をするために頭をひねっていました。

面接は東京のアメリカ大使館であるので絶対に東京に行かなくてはいけません。ならば、「面接の何日か前に東京入りして検診を受ければ交通費は浮くのではないか?」と初めは考えました。

しかし、東京の指定期間のHPを確認すると、書類が出来あがるのは何も問題がなかった場合で約3-4日と書いてあるのを見て諦めました。

例え1週間早く向かったとしても面接までに書類を手に出来るか不安が残りますし、東京に1週間も滞在していたらそっちの方が高くつくな・・と思いなおしました。

それと、ワクチンの種類によっては2回接種が必要なものもあり、1回目と2回目の間を1ヶ月あけなくてはいけなかったという情報も耳に入ってきて、面接日のぎりぎりに受けるのはあまりに危険。。ということで、大人しく検診は神戸のあだちまさときクリニックで受診しました。

電話をして平日の午前中に予約を入れました。

あだちまさときクリニックは新神戸駅のすぐ近くにあり、新幹線利用だった私にはとても便利でした。

クリニックはANAクラウンプラザホテルの中の、見た目にはホテルの一室?のようなところにありました。

扉が開いたらパティションで区切られたクリニックがあり、想像していた様子とは少し違っていましたが、すぐに持っていった書類の確認と問診に入りました。

問診と書類確認が終わったあとは地図を渡され、「ここで検査を受けてください。」と案内されました。

「ここで検査やるんじゃないの??」と思いましたが、ホテルを出た向かいに人間ドックの機関があって、尿検査やX線の検査はこちらと提携して行っているということだったようです。

ホテルを出て、地図を見ながら人間ドックの検診機関に着いたら、すぐに通常に人間ドックを受けてらっしゃる方と同じ待合室に通されました。

すごく混雑していたので「待たされそう・・」と思いましたが、すぐに呼ばれ尿検査、血液検査、X線と次々に検診を進めてもらえました。

検診が終わりホテル内のクリニックに戻ると、ドクターは別の方の対応中だったようで少し待ってくださいと言われ、扉の外で待つことになりました。

そこで、最初到着したときに、「遅れてはいけない。」と思って10分くらい早く行きインターホンを押しましたが、なかなか返事がなかった理由が分かりました。

1人ずつ中に迎えてらっしゃるようで、約束の時間より早く着てはダメだったんだなとその時悟りました(^^)

エレベーターから降りたところこそがロビーだったようです。

検診から戻ってからは、必要なワクチンについて案内され、接種。

2月だったので今期インフルエンザワクチンを打っていない人は必須ということでした。

また、Tdapというワクチンも必須と言われ全部で2本右腕と左腕に打ちました。

(結構痛くてしばらく腫れました。数日後にしこりみたいになっていたので「これ大丈夫かな?」と思っていましたが、それから自然になくなりました。)

そして料金を払い終了。2時間かからなかったと思います。

料金は、

検診料金 29,000円

ワクチン2本 10,900円

レターパックプラス 510円

合計 40,410円

ちょっと不安になったので、「この検診結果でビザが取れないということはありますか?」

と聞いてみました。

ドクターは「思い当たることでも?」とおっしゃったあとに、「基本的にはアメリカに入国し、アメリカ国民に移ってしまう病気を持っていないかを調べる検査なので、この検査を受けたからといって充分に健康診断ができているわけではないんですよ。」と言われました。

なので、貧血とかバセドウ病などの持病があるとダメとかそういう検診ではないということですね。

検診結果は郵送でお願いしていたので、1週間後に届き無事メディカルの書類を手にすることができました。

診断結果は開封厳禁のシールがついていましたので中をみることはできませんが、一緒にコピーを入れてくださっていたので問題ないことも分かり安心して大使館での面接を迎えることができました。

渡航検診はいろいろ不安ですが案内も日本語ですし、各クリニックのHPで丁寧な案内が載っているので安心して終えることができましたよ。

それにしても、保険がきかないので最後の最後に再び大きな出費。

交通費もあったので渡航検診に合わせて6万円も使いました。

改めて考えても移民ビザはお金がかかったな~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする