アメリカ移民ビザ 犯罪経歴証明を2度もらいに行きました。

こんにちは、Hanaです!

アメリカ移民ビザを申請中は様々な書類を提出しますが、その一つは犯罪経歴証明書です。

日本、また1年以上居住した国での犯罪歴の有無を確認するためのもの。

私は日本のものと、申請当時はヨーロッパにいたのでその国の犯罪証明を提出する必要がありました。

ちなみに、アメリカに留学していたのでアメリカのものも必要かと思いましたが、アメリカでの犯罪の有無は向こうで管理されているようなので必要ありませんでした。

日本で警察証明をとるときは、住民登録をしている都道府県警本部の鑑識課で発行してもらえます。

まずは、HPを確認し、警察証明の発行に必要な書類を確認しました。

予約は必要なく、受付を済ますと鑑識課の人が対応に出てきてくれました。

住民票が必要だったのですが、住民票の本籍表示の欄を非表示にしていたため、「ここは表示されていないといけなかった。」と言われました。

本籍表示に関しては住民票を出すときにこちらで依頼しない限り表示されるものですが、私はなぜか非表示で申請していたようです。(謎)

念のため必要のなかった戸籍謄本も持ってきていたのでそれを見せ、よしとしてもらいました。

申請時には、なぜ犯罪経歴証明が必要なのかが分かる書類が必要です。

アメリカの移民ビザを申請中であることが分かるものを印刷していけばいいと思います。

私は弁護士が用意してくれた文書を提出しました。

持って行った書類を確認された後は、証明書の申請用紙を記入し料金を支払い、

その後指紋読み取り機で10本の指の指紋をとりました。

以上で申し込みは終わり、1週間後再度受け取りに行きました。

証明書は封がしてあり中を見ることは出来ません。

そしてこの証明書は6ヶ月有効です。

私が移民ビザ申請をしたときは、この書類を提出したのち、最後の面接まで9ヶ月ほどあいていました。

証明書の有効期間は6ヶ月だからでしょう、面接の前に再度犯罪経歴証明の提出を求められました。

再び証明書をとりに行ったときも同じ方が対応してくれて、「またいるんですか!?」と言われました。

「そうなんです!すごい時間かかるんです~。」と、関係のない鑑識の人にちょっと愚痴って帰ってきました(^^;)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする