アメリカ移民ビザ 弁護士を雇った理由とかかった費用を教えます!

こんにちは!Hanaです。

私は2017年にグリーンカードを取得しました^^

2015年から移民ビザの申請を行いましたが、申請に入る前に弁護士さんを雇いました。

他の方の体験談を見ていると、配偶者がアメリカ国籍の方で移民ビザを申請された日本人の多くは弁護士を通さずにビザ取得を成功されているようです。

ただ、状況が複雑かつ申請要件を満たしているかどうかに不安要素を抱えていらっしゃる方はやはり費用はかかっても弁護士さんを通しているようですね。

私たちは日本人同士の結婚だったので移民ビザを申請することを決めてから一番にしたことが弁護士探しでした。

今回はその時の経験談を書きますね。

私は約8年前、留学中に永住権を持つ日本人に出会いお付き合いを始めました。

留学が終わった後も日本で遠距離恋愛を続け、数年後に結婚。

日本国籍でアメリカに永住権を持つ彼と同様、私自身もアメリカに移住できるよう、

2015年5月に移民ビザ申請のプロセスを開始。

2017年5月に渡米したという経緯を持っています。

アメリカ移民ビザを申請 弁護士を雇った理由

相手がアメリカ国籍ではなく、日本人同士による申請だからと言って

弁護士が必ず必要というわけではありません。

弁護士を雇うにはもちろんお金もかかりますし、移民ビザ申請の費用も安くありません。

それでも私たちが弁護士を雇った理由は、

「私たちの状況が複雑かつ、間違いを起こさず申請を乗り切れる自信がなかったから」

です。

私たちの状況が複雑だったというのはどういうことかと言うと、

その当時それぞれが住んでいた場所です。

夫はアメリカに住んでいましたが、私は日本でもアメリカでもなくヨーロッパに住んでいました。

移民ビザ申請の際には全ての情報を偽り無く提出する必要があります。

情報の中には、過去5年以内に居住した国と住所や期間、その土地で犯罪を犯していないかの証明書の提出が必要です。

ただでさえ提出書類は多く、記入する内容も不明点がたくさんでてきます。

これらを一つの不備もなく記入し、漏れなく提出することができるか不安だったので迷うことなく弁護士を雇うことは視野に入れていました。

さらには、申請の際、私は旧姓で申請しなければいけない事情を抱えていました。

日本の戸籍上では婚姻を済ませているのですでに新姓を名乗らないといけないところですが、旧姓で申請を進めて途中で変更するということになっていました。

とてもじゃないですが自分たちで何とかできそうもありません。

というか、今考えてもどうしてこの状況で申請を開始したのか謎にも思えてきました。(・・;)

移民ビザが無事に取得できたのも弁護士さんのおかげです。

弁護士を選んだ方法

移民関係に強い弁護士さんはたくさんいらっしゃいます。

たくさんいらっしゃる分、選び方や信頼性も気になります。

私たちは、移民関連のビザを最近とったばかりという知人がいたので、その方がお世話になったという弁護士を紹介してもらいました。

その知人も滞りなくビザがとれたということで信頼性もありすぐにお願いすることに決めました。

ちなみにアメリカの弁護士です。日本では弁護士を雇っていません。

結局全部でいくらかかったのか計算しました

気になる費用・・移民ビザ申請にかかった費用と弁護士さんにお支払いした費用を計算しました。

移民ビザ申請にかかった費用

I-130請願書 $420

NVC ビザ申請とAffidavit of Support Fee合わせて $445

移民ビザ発行手数料 $220

弁護士さんにお支払いした費用

$1500

合計= $2585 

(1ドル110円計算で28万4350円)

2017年、移民ビザI-130の料金が値上がりしています。

また、弁護士費用は弁護士によりますが、$1500は安い方かもしれないと、他のサイトを見て思いました。

日本語の書類には全て翻訳をする必要がありますが、これをお願いしたりもろもろ追加でお願いするとその度に料金が発生することもあるようなので確認が必要です。

私たちは翻訳を自分達で行ったので最初に払った分で済みました。

これに渡航検診の費用がかかります!忘れてました(^^;)

渡航検診の体験談は次の記事で書こうと思います。

この費用も高かった~。。

こんにちは! 今回はアメリカに移住する前に日本で渡航検診を受けた時の体験を書きます。 移民ビザ申請のプロセスの中...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Tomo より:

    初めまして。ミシガン在住のともと申します。
    私もHanaさんと同じグリーンカードを保持者のとの結婚を予定しており、hanaさんのブログを見つけました。(とても見やすくて、わかりやすいブログですね〜!感動しました!!!)
    と言っても、グリーンカードを持っているのは私(前回の結婚!アメリカ人との笑)で、アメリカで研修中の日本人の彼と知り合い、遠距離恋愛をしていたところ、この度結婚することになりました。前回も自分でやったので、なんとなく、自分でできそうだなと思っているのですが、今回の私の場合は、彼に移民VISAが降りるまで、私が日本に住もうと思っているのです。
    それができるのかなとどうか色々聞いて見たいことがあり、もし良かったら、Hanaさんの弁護士さんを紹介してもらえませんか??$1500はとてもお得な気がします。
    これからも色々勉強させてもらいますね〜!よろしくお願いいたします!

    • Hana より:

      ともさん、こんにちは!ご結婚おめでとうございます。
      メッセージありがとうございます。
      今回申請でお世話になったのはrosecarsonという弁護士事務所です。
      北カリフォルニアにあります。
      やりとりは主に夫がしていたので私は会ってもいないのですが他にも日本人の手伝いをしていたので質問に答えてくれると思います。
      ビザ取得頑張ってください^^

      • Tomo より:

        Hanaさん
        早速ありがとうございます!そして、結婚のこともありがとうございます!
        WEB調べて見ました!全部英語でしたので、日本語の問い合わせができないかもしれませんね〜!自信がありません。。。笑
        全部やってくださって、優しい旦那様ですね〜!参考にさせてもらいますね!またブログあそびにきます!!

  2. saori より:

    初めまして。Saoと申します。
    私もHanaさんと同じ状況で、グリーンカードを保持者(日本国籍者)のとの結婚を予定しています。ビザのことやプロセスを知りたくて調べていたところ、hanaさんのブログを見つけました。とてもわかりやすくて参考にさせてもらっています!
    現在、弁護士を探しています。私がアメリカに留学中であるということもあり、国内での申請を考えています。同案件(日本国籍者同士のビザ申請)の経験がある弁護士さんがいれば、と思っていたので、よろしければHanaさんの弁護士さんをメールでも大丈夫なので、教えていただけないでしょうか?(弁護士事務所はコメントに記載がありましたのでわかりました!)
    よろしくお願いします。

    • Hana より:

      こんにちは!
      下記載にある弁護士事務所HPに弁護士一覧があるのですが、そのリストの一番上に名前がある方が担当してくださった弁護士さんです^^
      パラリーガルはスタッフ一覧の上から6番目の方でした。
      申請頑張ってください!

      • sao より:

        Hanaさん、早速のお返事ありがとうございます!
        弁護士さんについても教えて頂き、助かります。今後色々と手続きの多さや長期戦なことで不安一杯ですが、ブログも参考にさせてもらいながら、頑張ります★