アメリカに引越し 往復航空券の片道利用について

日本からアメリカに引っ越しが決まった後、航空券の予約をしようとネットでチケットを探しました。

今回は旅行ではないので、日本に帰ってくることがありません。

つまり必要なのは片道分の航空券!

しかし、どこを見てもチケットの値段は、

片道航空券>往復航空券 だったのです。

しかも片道航空券の方が料金が倍以上する航空会社もあって、頭を抱えました。

【往復航空券を買って片道利用する】

この方法が一番に思えました。

しかし、気になるのは、往復航空券を買って片道利用してもいいのかどうか?

結局は、国内大手の航空会社の往復航空券を購入し、復路はキャンセルしたのですが

そのときの経験を書きますね。

往復航空券を購入して復路をキャンセルしていいのかどうか

航空券を予約する前、やはり気になってネット検索してみました。

しかし、いろいろな意見が載っていてただ、混乱しました(–;)

・割引してある往復運賃を購入したのであれば、片道利用するのは違反

・モラルの問題

・何の問題もない。個人の自由

・割引運賃で購入して復路利用がない場合は正規運賃の差額分が請求されることもある

・実際に航空会社に問い合わせたが、対応する人によって返答が異なった

などの意見が飛び交っていました。

結局グレーな部分なのかなぁ。購入した航空券にもよりそうです。

なんとなく悪いことをしている気持ちになります・・が、

結局、往復航空券を購入し渡米しました。

アメリカからお客様予約センターに電話

さて、搭乗の2日前になったところでキャンセルの連絡を入れることにしました。

連絡もなしにキャンセルすることはさすがにできません。

アメリカの予約センターは24時間対応だったので電話をしました。

すると、その時間、日本は昼間だったので電話は日本の予約センターに転送されました。

(感動)

私「すみません、フライトの予約をキャンセルしたいのですが。」

オペレーター「かしこまりました。これからお手続きを進めさせていただきます。」

私「はい、お願いします!『理由聞かれなかった!もう手続きに入ってくれるんだ!』」

オペレーター「それでは、アメリカに滞在にあたってビザをお持ちですか?そちらの写真を送っていただく必要がございます。送り方は、HPのXXXXXX(説明が続く)」

私「分かりました!ありがとうございます!」

オペレーター「送っていただく写真とチケットの種類など確認させていただいた後、返金のご連絡をメールでさせていただきます。」

と、こんなやりとりをしてあっさりキャンセルできました。

早速、入国の時にスタンプを押された移民ビザの写真を撮って、メールで送信。

翌日に、1300円が返金されるとメールがきました。

ちなみに往復運賃のうち片道分が払い戻されることはないというのは分かっていました。

それだけかなりお得なチケットでしたし、往復で買ったほうがとにかく安かったのです。

結局、答えは分からずです・・

キャンセルの電話をしたときに、

「割引の往復航空券を買いましたが、片道をキャンセルしてしまって良かったのですか??」

と聞く勇気が持てず、結局どうだったのだろうと今モヤモヤしています。

ただ、希望通りに航空券が買え、渡米し、片道のキャンセルも滞りなくできたのは本当に良かったです。

LCC利用だと片道でも往復でも値段は変わらないようですが、2017年の時点で日本と北米間はLCC飛んでませんよね。

今回思ったことは、やはり日本国内大手航空会社は手続き面においてもすごく安心できるということ。

私はフライトをキャンセルしましたが、一緒に来ていた両親は日本に帰るため空港に見送りに行きました。

カウンターではよりゆとりのある座席を提案してくれるなどすごく親切に対応をしてもらえ、両親も安心している様子で私もホッとしました。

日本の航空会社が就航路線を増やして拡大していることに感謝です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする